田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

カテゴリー "私的な・・・" の記事

出張不在連絡

11月5日(月)〜11/11(日)まで、中国は広西壮(チワン)族自治区の龍脊の棚田に行ってきます。
雲南の棚田(中国では「梯田」と呼ぶ)と並ぶ壮大な棚田景観を見てきます。
(中国人留学生の修論の調査の指導を兼ねてですが)。
持参するカメラとレンズを思案中....。
スポンサーサイト

佐賀県のお茶の振興に関するシンポジウムのご案内

11月3日 高遊外売茶翁没後250年記念「佐賀県のお茶の振興に関するシンポジウム」を開催します。
パネルディスカッションのコーディネーター役を仰せつかりました。
バルーンの開催中ですが、お茶好きの方は、おいで下さい(嬉野茶の試飲サービス付きだそうです)。
お茶シンポ

恥ずかしながら、、、、

西日本新聞に田舎蕎麦屋が紹介されました。
20120824西日本新聞

中国行04:蘇州にて

水の都、蘇州。「上有天堂、下有蘇杭(天に極楽あり、地に蘇州、杭州あり)」。
東洋のベニスも、近代化が進み新市街地には超高層ビルが乱立し、無錫とともに豊かな労働市場を求める農民工が街に溢れる。数多くの世界遺産庭園と、国家指定の「歴史文化保存街区」の町並み景観は、未来に残したい文化遺産である。
R0010895.jpg
世界遺産「拙政園」
R0010889.jpg
拙政園の白梅
R0011120.jpg
歴史文化保存街区「山塘街」とクリーク
R0011125.jpg
山塘街のクリークを手漕ぎ船で周遊
R0010856.jpg
紅梅と中国美女R0010947.jpg
中国にも進出した日本の猫カフェ!





中国行03:杭州にて

杭州は西湖の観光地で賑わうが、今回の旅の目的の一つ、銭塘江。
年に一度の大潮の際には、アマゾン川のポラロッカのような逆潮の大激流で知られる。
肥後の国の「銭塘江干拓地」の語源となった杭州湾の干拓地。
残念ながら時間がなく干拓地は見れなかった・・・。
R0010808.jpg
六輪塔からみる銭塘江。
R0010838.jpg
杭州バスセンターの雑踏。農民工と思しき労働者が大きな荷物を持ってバスに乗り込む。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。