田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

2011年01月の記事

春を待つ蕨野の棚田

寒い日々が続きます。
重要文化的景観「蕨野の棚田」は、じっと春の訪れを待っています。
蕨野の棚田の近況報告です。
R0013767.jpg
猪の獣害を防ぐ究極?の対処法は、今のところ金網フェンスです。景観破壊???、いえいえ猪との戦いもまた棚田の景観を守り続ける上での生業の一部なのです。集落部分を除いて棚田を金網フェンスで囲みました。
R0013770.jpg
菜の花の種採り用の菜花畑。菜の花の種まき交流会イベントに向けて、NPOが取り組んでいる菜の花の種採りプロジェクトの一環です。生育を良くするために排水の良い圃場に播種したものが順調に育っています。
スポンサーサイト

網走行2011/01/19

1月18日~20日 東農大産業経営学会での農業版MOTの講演のために、網走の東京農業大学オホーツクキャンパスに出かけた。空き時間を利用して網走を散策。極寒というほどの寒さではなかったが、20日に今年初めての流氷船の就航のチャンスに恵まれた。人生初の流氷見学となった。観光客のほとんどは、中国人と台湾人であったことが、北海道観光の新潮流をを実感。

R0010033.jpg
最北?の道の駅「流氷館」2階の網走番外地レストラン GXR
R0010143.jpg
流氷 GXR
R0010148.jpg
流氷とアザラシ GXR
R0010151.jpg
流氷とカモメ GXR
R0010175.jpg
オホーツク海とオオタカの勇士 GXR

蕨野の棚田「菜の花ハイクと屋台村」のお知らせ

3月27日(日)恒例の菜の花ハイクと屋台村が開催されます。
家族で、仲間たちと、黄色い絨毯の蕨野の棚田をウォーキングしてください。
申し込みは、↓。
菜の花ハイクと屋台村2011-1 菜の花ハイクと屋台村-2

間伐材も使い用

蕨野の棚田の別宅「蛍庵」の裏山を散歩中に見かけた杉の人工林。
間伐材の樹皮を剥いで、横に吊るして乾燥中。
これは、蕨野の椎茸名人(里山マイスター)のN氏による「鯉のぼり用の支柱」づくりの業。
この時期から作業をはじめ5月の設置に間に合わせるとのこと。立派な鯉のぼりは九州男児として育てたい親の誇り。結構な需要があるそうで、立派な生業なのである。
DSC_0074.jpg

愛猫のチョコ ワクチン注射で病院に行く

1月4日 飼い猫のチョコのワクチン注射日。日頃から屋内飼いのため外へのお出かけは久しぶり。
外で狩りや恋をさせてあげたいが、我が家ではベランダで遊ぶ程度。
ちょっと興奮モードだったが、無事に注射終了。
行きつけの獣医師曰く、「今日は、僕もインフルエンザの予防接種に行ってきてね、看護婦さんの注射が下手だったよ」・・・それにしては、チョコの背中に、いきなり注射をブス! チョコは、ニャアーオォォ!
R0013754.jpg

R0013759.jpg

賀正

あけましておめでとうございます。
田舎蕎麦屋研究室は、1月4日から営業開始です。
本年もよろしくお願いします。
↓今年の年賀状
gajyo2011.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。