田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

2012年05月の記事

村の共有資源の復活! 佐賀市富士町は苣木集落での茶摘み

5月26日 佐賀市富士町苣木(ちやのき)集落で茶摘みと窯炒り茶づくり体験。
高齢化率65%の小規模集落。活性化のための集落点検から始まって4年目。
部落有林野の杉林の枝打ちと間伐作業をNPOビッグリーフの親爺たちと始め、
今年からは別の市民団体が遊休農地でオーガニックコットン栽培を開始。
学生たちと始めた茶摘みも2年目。この茶園は3町歩あったものが現在は1町歩程。
もともと松林の共有林を戦後に開墾して造成した茶園で、現在では管理放棄の危機的状態だった。
研究室や森林ボランティアで始めた共有資源管理の支援も、その輪が広がり、地区の住民も参画するようになった。40年ぶりに窯炒り用の窯も住民の手で復活。
やっと地域が動き出した。共有資源を守り活用するソーシャル・ネットワーク活動の始まりか。

R0016037(変換後)
茶摘み作業
       R0016128(変換後)
学生の窯炒り体験。指導は村のおばあちゃん。
       R0016185(変換後)
茶揉み作業の指導は80歳の農婦。20歳で村に嫁いで来て、最初の野良仕事が茶摘みだったという。
長らく忘れていた茶揉み作業も学生や子供たちに教えながら、思い出したと語る。
笑顔が素敵なおばあちゃんだった。
スポンサーサイト

蕨野の棚田 横溝水路の一斉清掃

5月20日 蕨野の棚田の生命線、横溝水路の一斉清掃に学生達と参加しました。
溜池から八幡岳の山麓にそって走る横溝水路。2キロ程の水路ですが、代掻き前の重要な作業です。
IMG_0838.jpg
84歳の村の古老が若者たちの作業を見守ります。
IMG_0845.jpg
山腹の水路には土砂が溜まります。
IMG_0853.jpg
作業の途中で見つけたキジの羽を帽子に飾って、はいポーズ。
IMG_0856.jpg
ご苦労さまでした。村のオジサン達と。
IMG_0857.jpg
さぁ、もうすぐ田植えです(大平展望所からの風景)。

さてさて、野良と山と潟仕事の始まりだ、、、

田舎蕎麦屋研究室の汗を流しながら現場で考える季節がやって来ました。
研究室と受講生の皆さん、覚悟!
5月20日(日)蕨野の棚田での横溝水路の一斉清掃
 ▶池旧溜・新溜の溜池から山腹を2kにわたって伸びる用水路の泥揚げ清掃です
 ▶交流広場7時30分集合 作業は10時までで終了予定
 ▶慰労会は、蛍庵(僕の別宅)でBBQ&素麺流し
5月26日(土)富士町苣木(ちやのき)集落での茶摘み・窯煎り茶体験
 ▶戦後に村人が共同で造成した茶園の危機を救おう
 ▶苣木集落公民館に10時集合 作業は16時まで
 ▶おにぎり持参 BBQサービス付き
6月2日(土)蕨野の棚田 佐大実習田での田植え
 ▶10時~14時 弁当持参
 ▶図書館前発バス利用可
6月3日(日)鹿島ガタリンピック ボランティアスタッフ募集中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。