田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

脱「限界集落」

 梅の花が満開の3月5日、集落点検で通った富士町のT集落で、離郷者が集まる「ふるさと会」が開かれた。
地区のご好意により、会に招かれ、座談会とお茶講料理を頂いた。
 高齢化率50%を超えるこの村は、戸数がわずか18戸。2回目のふるさと会には、遠くは関東から30名を超える離郷者が集まった。
「ふるさとが消える」との危機感は実感できないだろうが、郷愁だけではすまされない村の厳しい現実を確認したようだ。中には、リタイア後の貢献として村のために何ができるのかを真剣に語る者もいた。すでに実家がなくなった離郷者には、ふるさとを残してほしいという切実な思いが伝わった。佐賀や福岡の近在に他出した方々は、一人暮らしの両親のお世話のために定期的に村に通い、農繁期には農作業の手伝いにもやってくる。少なくとも、現況において「限界的状況」にあるわけではない。集落内、他出者、そして森林保全活動を支援するNPOなど、多様な人と人との結びつきが集落を支えている。
 村の人と離郷者全員で歌った「ふるさと」は感動だった。個々の家族の帰省を超えて、村ぐるみでの離郷者達と残った村人が語り合う「ふるさと会」は、少なからず村人達に元気を与えたようだ。
R0011146.jpg
T集落の満開の白梅
R0011139.jpg
村人と離郷者が集った公民館
R0011149.jpg
離郷者のために83歳の老婦が丹誠を込めて育てた山野草鉢が公民館の玄関に飾られた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。