田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

大学院GPに採択されました

農学研究科として申請していた「高度な農業技術経営管理者育成プログラム」が平成21年度の「組織的な大学院教育改革推進プログラム(通称:大学院GP)」に採択されました。田舎蕎麦屋は、申請書づくりの企画担当の末席で汗を流しましたが、農業法人や集落営農などの法人経営を支える人材の養成が目的のプログラムです。協業化や法人化ができない小規模高齢化集落の支援をしている田舎蕎麦屋としては、「矛盾する企画」への参画ということで、正直のところ、葛藤が始まりました。プログラムの足を引っ張らないように、採択後の推進に汗を流す所存です。
大規模担い手育成の自公政権路線から、小規模農家を支援する戸別所得補償をもくろむ民主党政権の新しい?農政の狭間で、このプログラムの行く末もまた悩みの種ではあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。