田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

韓国の干潟と干拓の報告1

11月19日~24日まで,韓国の南海岸(スンチョン湾)から西海岸(珍島/セマングン/シファ)の干潟と干拓地の調査に出かけた。
まずは、世界文化遺産登録を目指す全羅南道の順天(スンチョン)湾(ラムサール条約登録地)。「生態都市(エコタウン)」の町づくりを推進しているスンチョン市では、干潟生態センターの整備をはじめ、干拓地の借り上げによる渡り鳥のための有機栽培、葦原を含む湿地保全、エビやウナギの養殖池の湿地への転換などの「干潟保全・再生」が進められている。寒風の葦原には、多くのウォーキング客が散策に訪れ、エコツアーがビジネスとしても成り立つ可能性について考えさせられた。
IMG_0031.jpg
スンチョン湾の干拓地と有機栽培田
IMG_0086.jpg
スンチョン湾の葦の湿原と散策路
IMG_0110.jpg
スンチョン湾の干拓地(単式干拓)ー干潟の湿地エコトーン
IMG_0137.jpg
スンチョン湾のケメギ漁(竹羽瀬/杁漁)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。