田舎蕎麦屋通信

景観・環境・農・・(猫)・・を写す・語るブログ

青刈り蕎麦

12月2日(水)富士町合瀬は蕎麦の芽農家レストラン「木漏れ陽」で、北山蕎麦保存会(新蕎麦を食べる会)を開催した。今年も友田農園の蕎麦の地種は、一部のイノシシ被害を除いて、平年並みの収穫でした。
この日は、蕎麦通もうなる「青刈り蕎麦」の手打ち蕎麦を頂た。
青刈り蕎麦は、新蕎麦の香りと色を楽しむ贅沢な手打ち蕎麦です。手間隙がかかることや収量が減るなどの問題があるが、その淡い緑色と香りは、絶品だ。
写真では、その色合いが難しいが、雰囲気だけでも掲載しよう。
R0011976.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。